豊橋で造園業創業から50年ほど経、今では3代目が頑張っている。 時代の流れに飲み込まれそうになりつつも、 喘ぎもがきながら、 個人住宅等の造園から管理剪定、設計と奮闘し、 そして本来は造園の分野である エクステリアも手掛け、 会社は零細で古くても、個性的で新しい庭を目指して頑張る 作庭家の日々。

2015年03月15日

馬酔木なす・・・

IMGP7384.JPG

                                作者 不明
我が背子に 我が恋ふらくは 奥山の 馬酔の花の 今盛りなり
                                 大伯皇女
磯の上に 生ふる馬酔木を 手折らめど 見すべき君が 在りと言はなくに
                                作者 不明
春山の、馬酔木の花の、悪しからぬ君には、しゑや、寄そるともよし
                                 大伴家持
池水に 影さへ見えて 咲きにほふ 馬酔木の花を 袖に扱入れな

ツツジ科アセビ属の植物、通常は白花で各地の山野に多く自生している植物だ。
古来より多くの作品にも出てきており、この万葉集の多くの10作品を始めとして
堀辰夫の「浄瑠璃寺の春」などでも知られている。
実はこれ、有毒植物で中国から大陸文化と馬を連れて大和の国に移住してきた人々が
この木をあまり知らず、馬がこの木の葉を食べると酔い足が痺れ中毒死することから
しらしめるために付けた名だともされている。
庭にも多く植えられ、また生花のマタギ、殺虫剤などにも使われたり
地方によって縁起のいい木ゼニカネシバとしてあつかわれているらしい。
他に白花の琉球アセビ等ある。
この花たちは今我が葉衣居に咲いている園芸品種だ。

IMGP7338.JPG


IMGP7391.JPG


IMGP7337.JPG


アセビ

では又、、、




posted by plants at 19:02| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花、花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お気付きの点がありましたら、コメントにてお教えください。 庭と木に関すること、知っている限りお答えします。 コメントで! 非表示を希望のコメントは表示しません。 なお庭に関するお問い合わせは当コメント欄にて受け付けます。 連絡先をお知らせ下さい。 にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。