豊橋で造園業創業から50年ほど経、今では3代目が頑張っている。 時代の流れに飲み込まれそうになりつつも、 喘ぎもがきながら、 個人住宅等の造園から管理剪定、設計と奮闘し、 そして本来は造園の分野である エクステリアも手掛け、 会社は零細で古くても、個性的で新しい庭を目指して頑張る 作庭家の日々。

2015年03月03日

月日の流れは早いもの

1502230001.JPG


月日の流れは早いもの、
植物たちは流石に敏感で、季節の移り変わりを確実に捉え、
もう春の息吹をはじめている。
我が家では、山茶花も終わり椿が色とりどりと咲き始め、梅,アセビと続いている。
椿というと少し前までは、花びらではなく全体がポロっと落ちることより、首が飛ぶ、落ちるといい、あまり好まれなかった。
しかし実際は明治時代に入ってからの話で、江戸時代にはそのような記録もなく、寺院・武士の屋敷などにも多く植えられていたようだ。
利休、秀吉そして江戸時代に入ってからも将軍、大名、公家たちにも好まれ江戸・尾張・加賀・上方など地方による種類も作られた。
歴史も古く日本書記にも登場し、材木、花の蜜、種も椿油などに使われるなど人の生活にも深く関わりのある植物だ。
「椿姫」、映画の「椿三十郎」、あの紅白の椿の花の映像が思い出される。(昭和30年代の白黒の映画だが、なぜか黒が赤い椿に見えた思い出がある。)
世界中に愛好家も多く、彼等により多くの種類が作られ、日本に帰ってきている。
我は、その中でも大輪の物より、原種系の椿、小花の「匂いツバキ」と呼ばれる
沖縄原産のヒメサザンカより作出されたとされる、小花の優しい感じの椿がすきだ。
鼻はあまり利く方ではないが、優しく甘い香りで、種類も多く花色も淡い感じの花が多い、
以前は多くの種類を集めたのだが、少し手をかけずにいたら名札も風化してしまい、どれがどの種類かはっきりと判らなくなってしまった。
この年になるともう、
久しぶりに会った人の顔と名前が合わなくなってしまったように・・・・・
とりあえず、これは椿です、と言っておこう。
いま写真を撮り、顔と名前を照合中、鑑識結果等、詳しくは
ホームページで整理する予定。

IMGP7292.JPG


IMGP7286.JPG


IMGP7257.JPG
「ポップコーン」

1502230004.JPG
「フレグラントピンク」

IMGP7255.JPG


1502230002.JPG


IMGP7251.JPG


IMGP7284.JPG


IMGP7259.JPG
「ロゼフローラ」

とりあえず今日見た顔ぶれ





posted by plants at 18:55| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花、花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お気付きの点がありましたら、コメントにてお教えください。 庭と木に関すること、知っている限りお答えします。 コメントで! 非表示を希望のコメントは表示しません。 なお庭に関するお問い合わせは当コメント欄にて受け付けます。 連絡先をお知らせ下さい。 にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。