豊橋で造園業創業から50年ほど経、今では3代目が頑張っている。 時代の流れに飲み込まれそうになりつつも、 喘ぎもがきながら、 個人住宅等の造園から管理剪定、設計と奮闘し、 そして本来は造園の分野である エクステリアも手掛け、 会社は零細で古くても、個性的で新しい庭を目指して頑張る 作庭家の日々。

2012年10月14日

あだ花の如く・・・

DSCN3093.JPG



先日、久々に字を書く機会があった。
驚くことに、こんなにも漢字が書けなくなったのかと、
我ながら自分の愚かさにあきれ果ててしまった。

こんなはずは無いと、自問しても簡単な漢字ですら、すっと出てこない。
もうぼけてしまったのだろうか、いやまだそんな筈はない。
まだ早い、
では何かのせいにしなければなるまい。
そこで妙案がひらめいた。

そうだ、今のメール世代の若者に様に、
今では自分もこんなパソコンなんかをを打っているせいだ。
漢字なんか知らなくても、ボタン一つで変換してくれる。
use it or lose it
使わないとダメになる
自分の脳みそそのものなのだ。と、

日本の文字はこの先どうなるのか、
ローマ字でも事足りるようになってしまうのか。
この微妙な日本の漢字が無くては、
日本の文化、文学、芸術などは、すたれてしまうだろう。
などと思いつつ

今このパソコンには、ローマ字で入力している
という自分をどのように理解しようか。
それこそボケてきたのかも知れない・・・


DSCN3090.JPG

ソメイヨシノの季節はずれのあだ花、
少し前の台風と、虫の被害で葉を全て落としてしまい
彼らもその後の陽気にぼけてしまい、葉と花を咲かせてしまったのだろう


DSCN3029.JPG

こちらは、ゴテンバザクラの・・・





posted by plants at 00:06| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花、花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お気付きの点がありましたら、コメントにてお教えください。 庭と木に関すること、知っている限りお答えします。 コメントで! 非表示を希望のコメントは表示しません。 なお庭に関するお問い合わせは当コメント欄にて受け付けます。 連絡先をお知らせ下さい。 にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。