豊橋で造園業創業から50年ほど経、今では3代目が頑張っている。 時代の流れに飲み込まれそうになりつつも、 喘ぎもがきながら、 個人住宅等の造園から管理剪定、設計と奮闘し、 そして本来は造園の分野である エクステリアも手掛け、 会社は零細で古くても、個性的で新しい庭を目指して頑張る 作庭家の日々。

2012年05月09日

ナンジャモンジャ

12050707.JPG
ヒトツバタゴ

別名    : ナンジャモンジャノキ
科、属   :モクセイ科ヒトツバタゴ属
分類    :落葉高木7m-10m
花期、色  :4月下旬〜5月中旬に、純白で円すい状の集散花序を小枝の先につける
原産地   :中国福建省原産で中国、台湾、朝鮮半島、国内長野県天然記念物に指定、愛知県の
       木曽川流域、岐阜県および長崎県対馬市に自生
       希少種のひとつで、絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)に指定
性質    :雌雄異株
       日当たりのよい、やや湿り気のある土を好む
       植え付けの適期は芽を吹く直前
花言葉  :
その他  :名前の由来は、一つ葉のトネリコ(タゴ)からきた
      別名「ナンジャモンジャ」は,江戸に植えられたが、名前が分らないままに呼ばれていたことに      よる

12050710.JPG


12050709.JPG


12050708.JPG

弾けた幹肌


寄せ植え用に仕入れた花達の一部
その後、年間管理のマンションの花壇用と、
新設gardenに使うオリジナルポットの、寄せ植えようにと分かれていった。
12050405.JPG

オダマキ


12050404.JPG

マツバギク


12050403.JPG

ガーベラ


12050406.JPG

シラン



今ホームページを制作中、難しくて、このしょぼくれた古い脳味噌にはなかなか理解できない。
おまけに、目も同じくしょぼくれてしまったようだ。
プロに任せれば良いのだが、我が零細企業「企業までもいかないが」にとって、その費用は大変な痛手になってしまう。そこで稚拙なホームページでも良しとし、0円ホームを目指して夜な夜なそんなしょぼくれた目と脳で励んでいる。
いつになるか分からないが、どうぞ御期待を、、、いずれ通販サイトも

整理中の内の1枚
10072002.JPG


09040401.JPG



では、、、、





posted by plants at 23:59| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花、花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お気付きの点がありましたら、コメントにてお教えください。 庭と木に関すること、知っている限りお答えします。 コメントで! 非表示を希望のコメントは表示しません。 なお庭に関するお問い合わせは当コメント欄にて受け付けます。 連絡先をお知らせ下さい。 にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。