豊橋で造園業創業から50年ほど経、今では3代目が頑張っている。 時代の流れに飲み込まれそうになりつつも、 喘ぎもがきながら、 個人住宅等の造園から管理剪定、設計と奮闘し、 そして本来は造園の分野である エクステリアも手掛け、 会社は零細で古くても、個性的で新しい庭を目指して頑張る 作庭家の日々。

2011年01月03日

めでたくもあり めでたくもなし

11010210.JPG
門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし(狂雲集)

これは一休さんでお馴染みの、一休宗純の作と言われている。

年を重ね、自分もなんとなくこれが分かるような年代になってきたのだろうか。

直訳すれば、毎年門松を飾るたび一つずつ歳をとり、だんだん死に近づいていくので、これを飾る正月は、死への旅の一里塚のようなものだ
と、言う事になるらしい。

この歌は、昨年一年、無事に何とか過ごせたからこそ言えることであり、
元旦、一年間という一定な区切りの間の過去の自分を振り返り、
たぶん来るであろう今年一年間、
いつ旅立とうとも今現在ここに確実に生きている。
そして今年一年どう生きていくか考える地点ではないだろうか。
                                  葉衣居にて

我が家の庭で
春を待つ者達
11010211.JPG


不老長寿の象徴
神を待つ

11010209.JPG

カルミアの花芽  白
11010204.JPG

カルミアの花芽 サラー
11010208.JPG

アセビの花芽 アケボノ
11010207.JPG

エリナカスケードの花芽
11010206.JPG

カンツバキの蕾
11010205.JPG

ネリネ
南アフリカ原産
ヒガンバナの仲間
なんの花か分からず球根で我が家に移住してきた


11010201.JPG

ヒメサザンカ
先日に仲間入り
まだ花を見てなく、咲くのが楽しみだ。

11010202.JPG

トキワガキ
ロウヤガキとは違い常緑

11010203.JPG

冬枯れの我が家の桜、今年も綺麗に咲いてくれる事を祈る。
”花は桜木、人は武士、柱は桧、魚は鯛、小袖はもみじ、花はみよしの”
                        一休宗純


違っている事がありましたら、コメントにてお教えください。
庭と木に関すること、知っている限りお答えします。
コメントで!
非表示を希望のコメントは表示しません。


ランキング参加中
1日1回  ここを1クリック お願いします

↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ここもお願い!
にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン



posted by plants at 12:50| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花、花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お気付きの点がありましたら、コメントにてお教えください。 庭と木に関すること、知っている限りお答えします。 コメントで! 非表示を希望のコメントは表示しません。 なお庭に関するお問い合わせは当コメント欄にて受け付けます。 連絡先をお知らせ下さい。 にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。