豊橋で造園業創業から50年ほど経、今では3代目が頑張っている。 時代の流れに飲み込まれそうになりつつも、 喘ぎもがきながら、 個人住宅等の造園から管理剪定、設計と奮闘し、 そして本来は造園の分野である エクステリアも手掛け、 会社は零細で古くても、個性的で新しい庭を目指して頑張る 作庭家の日々。

2010年11月12日

またまたこの時期に、ウェイゲラ

10111005.JPG

ウェイゲラ・フロリダ・バリエガタ

別名 斑入りウツギ、セイヨウウツギ、オオベニウツギ、オオベニウツギ・バリエガタ
スイカズラ科 タニウツギ属
落葉低木
花時期は4月〜7月
原産地 中国、日本 中国北部、朝鮮半島および日本に分布する落葉低木のオオベニウ ツギの変種(園芸種)




10111004.JPG

ウェイゲラ・フロリダ・バリエガタ
耐寒温度 −5度
タニウツギの仲間で、濃いピンクのつぼみから、淡い桃色の花は咲き進むにつれ白色へと変化する。



10111003.JPG

ウェイゲラ・フロリダ・バリエガタ
葉に淡黄色の覆輪が入り花の無い時も美しい。
剪定は花が終わった後に軽くし、強剪定は落葉時期に行う。



10111006.JPG

ウェイゲラ・フロリダ・バリエガタ
これは先日、農協へ買出しに行ったとき有った売れ残り、
半分死にそうになっていたのが半額に、
このままでは間違いなく逝っていまうので何かの縁と思い、6本全部買ってきてしまい、
思い切り切りこみ、芽を吹かせたところ、蕾が付きまた咲きだした。



10111001.JPG

アブチロン



10111002.JPG

アブチロン ベラ レッド





10111008.JPG

アブチロン ベラ イエロー
おまけ付き (これは少し前)
毎晩良く鳴いてくれた虫達も、次の春へと命をつなぐ準備を無事に終え、
このところの冷え込みでもうきっと居なくなってしまったのだろう。
こうして寝床に入ってパソコンをいじっていると、もう時計の音と、遠くで聞こえる夜汽車の音と、夜行貨物便の響きしか聞こえてこない。
止まることなく時を刻み続ずけるこの時計の様に動きつずけていると、
1年なんて、どうしてこんなに短いのかと、つくずく思う。




10111011.JPG

ギンバイカの実




10111009.JPG

四川常盤カキの実
ロウヤガキに似ているが、こちらは柿の木にしては常緑樹


10111010.JPG

西洋カマツカ アロニア
日本のカマツカより花つき実付きが良い



10111007.JPG

カマツカ (日本の)
春に種まきしたもの



ランキング参加中
1日1回  ここを1クリック お願いします

↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ここもお願い!
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン





posted by plants at 01:30| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花、花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お気付きの点がありましたら、コメントにてお教えください。 庭と木に関すること、知っている限りお答えします。 コメントで! 非表示を希望のコメントは表示しません。 なお庭に関するお問い合わせは当コメント欄にて受け付けます。 連絡先をお知らせ下さい。 にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。