豊橋で造園業創業から50年ほど経、今では3代目が頑張っている。 時代の流れに飲み込まれそうになりつつも、 喘ぎもがきながら、 個人住宅等の造園から管理剪定、設計と奮闘し、 そして本来は造園の分野である エクステリアも手掛け、 会社は零細で古くても、個性的で新しい庭を目指して頑張る 作庭家の日々。

2010年07月03日

純潔な青春の思い出、初恋のコクチナシ

IMGP1590.JPG

コクチナシ
アカネ科クチナシ属の常緑広葉樹
 花:6〜7月  実:10〜11月
花には、甘い芳香があり、香りの良い花で欧米でもこの香りは好まれていて、香水の香料にもよく使われている。
クチナシは、実が熟しても口を開かないことが、その名の由来
別名をヒメクチナシ  中国原産
オオスカシバの幼虫による食害に注意!1日で殆んど丸坊主にされてしまうから・・・・・
花言葉 清浄 純潔 友情 青春の思い出 初恋



IMGP1587.JPG

葉は、クチナシより小さく光沢がありきれいだ。
実は。着色料(黄色)にしたり、漢方薬にもなる。

クチナシと言えばもちろん、渡哲也のくちなしの花
わりと、得意だったんだ,
いまでは指輪もー まわるほどーーー
やせてやつれたー おまえのうわさーーー
くちなしの花のーーー 花のかおりがーーー
旅路のはてまで ついてくるーーー
くちなしの白い花ー
おまえのようなー 花だったーーー
あの頃はまだ若くよく飲みに行って歌ったものだった。







IMGP1575-1.JPG

クフェア タイニーマウス





IMGP1580-1.JPG

なにに見えるかな?
やはり名前の通り、小さいネズミの顔の様に見えないか?
メキシコ産、ミソハギ科クフェア属







IMGP1534.JPG

ユウギリソウ
ヨーロッパ南部原産
2年前買ったのを、挿し木で増やしたもの・・・
普通は、種で増やすそうです。




IMGP1572-1.JPG

ネジバナ
苗の鉢から自然に生えたものの1本が花が咲いてきた
芝生の中とか低い雑草のなかなどによく生える。




新しい仲間

IMGP1581-1.JPG

先日に続いてまたヤマボウシ
今度は  ヤマボーシ ベニフジ


IMGP1591-1.JPG

この実を播くとどんな色が・・・・・




090827_103610.JPG

ちょうど1年前の彼ら
大きくなったものだ!


ランキング参加中
1日1回  ここを1クリック お願いします
人気ブログランキングへ

ここもお願い!
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


posted by plants at 02:15| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花、花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お気付きの点がありましたら、コメントにてお教えください。 庭と木に関すること、知っている限りお答えします。 コメントで! 非表示を希望のコメントは表示しません。 なお庭に関するお問い合わせは当コメント欄にて受け付けます。 連絡先をお知らせ下さい。 にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。