豊橋で造園業創業から50年ほど経、今では3代目が頑張っている。 時代の流れに飲み込まれそうになりつつも、 喘ぎもがきながら、 個人住宅等の造園から管理剪定、設計と奮闘し、 そして本来は造園の分野である エクステリアも手掛け、 会社は零細で古くても、個性的で新しい庭を目指して頑張る 作庭家の日々。

2011年01月03日

めでたくもあり めでたくもなし

11010210.JPG
門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし(狂雲集)

これは一休さんでお馴染みの、一休宗純の作と言われている。

年を重ね、自分もなんとなくこれが分かるような年代になってきたのだろうか。

直訳すれば、毎年門松を飾るたび一つずつ歳をとり、だんだん死に近づいていくので、これを飾る正月は、死への旅の一里塚のようなものだ
と、言う事になるらしい。

この歌は、昨年一年、無事に何とか過ごせたからこそ言えることであり、
元旦、一年間という一定な区切りの間の過去の自分を振り返り、
たぶん来るであろう今年一年間、
いつ旅立とうとも今現在ここに確実に生きている。
そして今年一年どう生きていくか考える地点ではないだろうか。
                                  葉衣居にて

我が家の庭で
春を待つ者達
11010211.JPG


不老長寿の象徴
神を待つ

11010209.JPG

カルミアの花芽  白
11010204.JPG

カルミアの花芽 サラー
11010208.JPG

アセビの花芽 アケボノ
11010207.JPG

エリナカスケードの花芽
11010206.JPG

カンツバキの蕾
11010205.JPG

ネリネ
南アフリカ原産
ヒガンバナの仲間
なんの花か分からず球根で我が家に移住してきた


11010201.JPG

ヒメサザンカ
先日に仲間入り
まだ花を見てなく、咲くのが楽しみだ。

11010202.JPG

トキワガキ
ロウヤガキとは違い常緑

11010203.JPG

冬枯れの我が家の桜、今年も綺麗に咲いてくれる事を祈る。
”花は桜木、人は武士、柱は桧、魚は鯛、小袖はもみじ、花はみよしの”
                        一休宗純


違っている事がありましたら、コメントにてお教えください。
庭と木に関すること、知っている限りお答えします。
コメントで!
非表示を希望のコメントは表示しません。


ランキング参加中
1日1回  ここを1クリック お願いします

↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ここもお願い!
にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン



posted by plants at 12:50| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花、花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

水をあげたい

11010109.JPG

ロビラキ(炉開き)
ツバキ科ツバキ属
耐寒性常緑小高木2〜4m
花期 9〜4月 
咲き方 淡桃〜桃色 一重 平開咲き 茶芯 極小輪


今年の正月は、、、
寝正月、何故か昔の様に、晴れがましい気分にはなりきれない。
景気のせいなのか、歳のせいなのかは分からないが、
今日の曇り空の様にすっきりしない。

そんな静かな正月を過ごしていると、犬達が騒ぎ出した。
表に出ると郵便配達だ。そう、年賀状の配達だった。
昔は沢山あり、また芸術家からの変わった物も有り、
或る銀行の年賀状展に持ちに来たものだが、今ではもう付き合いも途切れたり、亡くなったりで、数少なくなってしまった。

早速部屋に持ち帰り見ていると、これは、、、
ある著名な作家の方からのハガキの中に、一言だけ、
明日枯れる花にも
    水をあげたい。


これは、重い言葉には違いないが、こんな無学の自分にはどう理解して良いのやら。
ものすごく慈愛に満ちた言葉で、希望と勇気を持てという事なのか。
それとも、自分に甘えて理解して良いのか、これは絶対違う、
だとしたら、、、、、、

その夜、本を見ていると偶然に、
これだと思い書きとめた言葉は、
たとえ明日世界が滅亡しようとも、今日わたしはりんごの木を植える。
これは16世紀、宗教改革を行った、マルチン・ルターの言葉らしい。
何が起ころうとも希望の芽を自ら摘むことはしないで、いまがどんな辛い状況であろうとも、将来に希望を持ち続けることが大切で、やるべきことを放棄せずにこなしていくことが、自分のとるべき道なのだというような事を教えている。

これらに共通するところは無いだろうか。やはり、重い言葉だった。
これを頂いて今年の抱負とさせてもらおう。
                                        葉衣居にて


11010102.JPG

ロビラキ(炉開き)
新潟県栃尾市で見付かり、原木の樹齢は100年以上
炉開き(風炉を閉じて地炉を開く旧暦10月、新暦11月の行事)のころに花の盛りを迎えることが名前の由来で、1980年に命名された

11010101.JPG

ロビラキ(炉開き)
ユキツバキとチャの自然交配によって誕生した
ツバキになくてチャにあるカフェンやテアニン等の成分が含まれている
葉は茶の葉にそっくり
最近、ユキツバキとチャではなく、ヤブツバキにチャの花粉で誕生したという説あり。

11010103.JPG

原種サザンカ
ヒメサザンカと言う事で、購入したがその名はは違うようで、
事実はまだ不明だが、今のところ
原種サザンカの名が近い。


11010105.JPG

或る神社のクスノキ

11010106.JPG

或る神社のクスノキ

11010107.JPG

或る神社のカシ
やはり御神木
しめ縄がかかっている。


11010108.JPG

或る神社のカシ

11010110.JPG

スイセン
木々の間にひっそりと咲いていた。
今まで気が付かなくて、
ごめん。

11010111.JPG

だるま南天
縁起もののナンテンに、
もう一つ縁起良く達磨を付けよう。
花の少ない冬の、赤がきれい。
鉢植えにも寄せ植えにもok
赤がきれい


11010155.JPG

新年おめでとう 
けれど、まだ療養中、
だいぶ顔面麻痺は治ってきた。
もう少しだ、オーレ。


違っている事がありましたら、コメントにてお教えください。
庭と木に関すること、知っている限りお答えします。
コメントで!
非表示を希望のコメントは表示しません。


ランキング参加中
1日1回  ここを1クリック お願いします

↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ここもお願い!
にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

posted by plants at 21:42| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花、花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お気付きの点がありましたら、コメントにてお教えください。 庭と木に関すること、知っている限りお答えします。 コメントで! 非表示を希望のコメントは表示しません。 なお庭に関するお問い合わせは当コメント欄にて受け付けます。 連絡先をお知らせ下さい。 にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。